井上雄彦の漫画 SLAM DUNKがハマる

不良高校1年生の主人公桜木花道が好きな女の子の為、バスケットを始めて全国大会に進出するまでのストーリー。

不良高校生ならではの喧嘩もあり、バスケットの漫画なのに喧嘩のシーンも迫力があり、それに以上にバスケットの試合にはハラハラドキドキして数秒間の時間の流れのモーションもまるでそこに自分がいるかのようなコマ割りでどんどん続きが気になります。

不良仲間にも個性がありちょこちょこサブストーリー的なのも挟んでくれて面白い。

バスケット仲間も一人一人に味があり感情移入しやすい。

名言もたくさんあり、特に有名なのは「あきらめたらそこで試合終了だよ」ではないでしょうか。

かなり昔の作品ですが、ネットを利用してる人ならたくさんの名言も聞いたことはあるはすです。

他のバスケット漫画も読んだりしましたが未だにスラムダンクを越えるバスケット漫画に出会えていません。

それくらい記憶に残る漫画でした。

最近印象的だった漫画は、黒猫スミスの作品です。

叔母と甥の禁断の肉体関係を描いた「叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて」のエロさに興奮しました。
↓↓↓
叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料立ち読み